2016年10月17日

川湯温泉キャンプの旅 − 和歌山県本宮 2008/9/13〜9/14 −

今年の1月友人A親子と私で川湯温泉にキャンプに行った。Aはよほど気に入ったのか、あちこちのカフェの女の子にその話をしまくっていた。
その中の一人にミナミのカフェで勤めているかおるちゃんが居た。友人Aはかおるちゃんに如何にキャンプが素晴らしいか力説。ついに一緒にキャンプに行くことになった。
まだキャンプ初心者のAは私に泣きついてきたのである。そこで、私が段取りして一緒に行くことと相成った。
かおるちゃんはキャンプ初体験。もちろん道具などはない幸いまだ暑い時期なので、タオルケットを持参してもらうことにして、テントや椅子など他のキャンプ道具は私が用意す津ことになった。
待ち合わせは、土曜日のお昼に和歌山の山為食堂ということになった。


午前8時半。友人Aとキャンプ道具をわが愛車ヴィッツに積み込み、出発。
まずは、今夜の夕食と明日の朝食用の食料を調達に近くのコーヨーに買い物に行く。
買い物を済ませ、いざ、和歌山の待合せ場所へ。


山為食堂に12時前に到着。


yamatame.jpg



ほどなく、かおるちゃんもやってきました。フィアンセと一緒に…。

気を取り直して、ご挨拶。フィアンセとはもちろん初対面だが、かおるちゃんとも初対面なのでぎこちない挨拶になる。
しかし、山為食堂のラーメンを食べるにつけ、美味しさも相まって徐々に打ち解ける。なかなかお似合いのカップルである。
この二人には初めてのキャンプを楽しんでもらおう!!!


15時半、川湯野営場木魂の里に到着。
このキャンプ場は私が関西で一番好きなキャンプ場で、オートキャンプ場ではあるが電源設備や区画などはなく自由気ままにキャンプできるのが素晴らしい。また、お盆の時期を除いて予約不要というのもいかすキャンプ場である。さらに、もちろん直火の焚火もOKなのだ!!!!


kawayu_yaeijo.jpg



かおるちゃんカップルを指導しつつテントやタープの設営。が、ここでコンロを積み忘れたことが発覚!!びえ〜〜ん、どうしよう!!焚火で調理するか!?しかし、メニューはすき焼き。う〜ん。。。
そうだ、本宮にホームセンター「コーナン」があった!コーナンに、カセットコンロを買いに走り、事なきを得る。
これぞ、キャンプの醍醐味やね…(汗)


夜のとばりが降り始めたので、夕食にする。
昔はキャンプといえば夜はバーベキューばかりだったが、回を重ねるにつれバーベキューが減り鍋を主体にしたメニューになった。
まあ、真夏に行かず秋から冬のキャンプが増えたせいもあるが…


楽しい夕食も終わり、キャンプのメインイベント、直火の焚火をかおるちゃんたちに楽しんでもらう。
キャンプ場にチェックインのときにキャンプ場で買った薪に火をつける。キャンプ場の薪は火が付きやすく、すぐ燃え尽きるのであっという間に終わってしまうが、かおるちゃんたちは十分楽しめたようである。


翌朝はゆっくりめに起床。夜のうちに雨が降ったらしく湿り気十分な朝となる。
我がテント(私と友人Aが寝たテント)では、テントの下にコウロギが居たらしく一晩中耳元で鳴かれ寝不足である。

昨晩のすき焼きにうどんを入れた朝食をみんなでとる。鍋にするといいところは、翌朝の朝ごはんが楽。それに旨い。鍋は最高にして最強。これに尽きる。


朝ごはん終了後、折角の川湯温泉。300円で公衆浴場に入浴に行く。


kawayu_onsen_Public_Bathhouse.jpg



ゆっくり片づけをして11時に川湯野営場を出発。最後に夏になったら必ず訪問する「赤木渓水郷」に連れて行く。


akagikeisuikyo.jpg



別働隊でお袋が妹と白浜温泉に前日から泊まっていたので、ここ「赤木渓水郷」で会った。お袋たちは食べ終えたところに我々が到着。
お袋に奢ってもらった。ラッキーであった。
いつもながら、ソーメンと鮎の塩焼きが旨い旨い。

全日程終了。
ここで、かおるちゃんたちと別れ一路家路に着いた。

今回の費用:13,000円


posted by おじんは旅人 at 11:50| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

南紀ドライブ − 和歌山県 2007/8/25 −

幼馴染みが東京から両親の介護のために大阪の実家に戻ってきた。
25歳ぐらい東京に行ってしまったので、かれこれ30年ぶりの帰還である。もう、関東の人と言ってもよく浦島太郎だ。
そこで、関西のいいところを見せようと今回は私の一番のお気に入りルートを案内することにした。

7時半、我が家から出発。
堺の大浜から阪神高速湾岸線に乗りりんくうを経由して阪和自動車道に入る。土曜日なので、いつものように海南ICで渋滞に巻き込まれるが大したことはない。
終点みなべICから国道42号線に出て紀伊田辺を経由して朝来(あっそ)駅を左折して朝来街道を富田川沿いに上流へと鮎川を目指す。
鮎川新橋で富田川を渡り、腹ごしらえに「赤木渓水郷」に到着。もうこことは35年ほどの付き合いとなるが、鮎の塩焼きは絶品。夏になると食べに行きたくなるのだ。
鮎の塩焼きはもちろん、流しソーメン、めはりずしで腹を満たす。いつもながら美味い。

03601.jpg

03602.jpg


腹も膨れたので、朝来街道に戻り更に山奥を目指す。次は、川湯温泉経由で高田グリーンランドだ。
安珍清姫の「道成寺物語」の清姫ゆかりの里を左手に臨み、熊野街道沿いをひた走り川湯温泉に到着。トイレ休憩後今度は熊野川沿いに南下。熊野川の雄大な景色に幼馴染みは感動を連発。来た甲斐があった!
高田グリーンランドの看板を右に折れ側道に入る。鮎川を出て2時間弱、ようやく高田グリーンランドに到着した。
実は関西で行政が管理している川をプールとして開放している場所を探した結果、新宮市に高田川に2ヶ所あるのを発見。
その内の一つ「高田第2自然プール」が目的だった。里山に囲まれた川で私はアウトドアのチェアと共に川に浸かりながら日陰で読書。幼馴染みは水泳と、共に悠々自適な時間を過ごす。

03603.jpg


そして、直ぐ隣には日帰り温泉の雲取温泉があるので遊んだ後は自然の中の露天風呂で心身ともにリフレッシュした。

03604.jpg


さて、帰路に着くことにしよう。しかしまだ時間も十分にあったので、もう一度、川湯温泉で泳ぐことに。高田第2自然プールとは違った味わいがあったようである。
帰りは、十津川経由を選択。昔に比べ数段良くなった山道を北へと進む。十津川といえば「谷瀬の吊橋」。案内したが幼馴染みは高所恐怖症のためほんとに見学だけで終了。
その後、奈良の五條から和歌山の橋本を経由して、大阪の河内長野で夕食をとって帰宅した。

時間がゆっくり流れたいいドライブだった。幼馴染みは次回は川で釣りがしたいそうである。

posted by おじんは旅人 at 15:59| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

北山村いかだ下りの旅 −和歌山県北山村 2009/5/4〜5/6−

2009年の連休は以前から気になっていた和歌山県の北山村にいかだ下りに行くことにした。

その昔、山から切り出した木材を下流の新宮まで運搬するのに、切り出した木材でいかだを組み、そのいかだで北山川を下り運搬したという話である。現在では、さすがにいかだを組んで木材を運ぶことはなくなったそうである。

ということは、いかだで川を下れる船頭さんも高齢化し少なくなっているはず。いつまでこのいかだ下りが存続するか分からない。早く乗っておかなくては。ということで乗りに行くことにしたのである。

kitayama01_320x213.jpg


しかし、出発前日の連休初日の夜に大事件が勃発した。

次女が2匹の猫を買い始めたのであるが、その内の1匹の「ごましお(牡猫)」が行方不明となった。家族みんなで捜索を開始。小1時間後、家内が我が家と隣家の細い隙間で弱々しく泣いているごましおを発見。状況からして3階の窓から転落したようである。救い出して直ぐ日曜でも開いている獣医さんのところにすっ飛んで行った。

両前足骨折の重症で手術しないといけないが、この病院では手術は無理で、連休明けに専門の整形外科に行くことになった。その時点では膀胱破裂の疑いや頭を打っている可能性もあるそうで今夜から様子をみないといけない。

出発当日、朝から近所の掛かりつけの獣医さんの所に連れて行き診てもらう。やはり、昨日と同じ診断で脱臼で複雑骨折。連休明け手術が必要で、動物の高度二次診療施設であるネオベッツVRセンターを紹介してもらった。取りあえず自宅で次女が看病することになる。


そんな訳で、6時出発予定が12時となる。宿泊先はグランリゾートエレガンテ白浜。白浜に泊まる時は必ずお昼ご飯を食べに朝来の「赤木渓水郷」に寄るのを楽しみにしているのだが、もちろん今回は断念。翌日の北山村のいかだ下りのためにビーチサンダルを購入しそのまま宿泊先に直行した。

kitayama06_320x235.jpg


18時半。夕食。いつもながら魚介類が美味しい。今回の刺身の主役は、雪駄エビ。伊勢えびより甘みを感じ旨い。自宅に連絡しごましおの様子を確認し就寝。


よく5月5日。あいにく朝から雨。しかし、いかだ下りは予約してあるので、8時半北山村に向けて出発した。
途中車のすれ違いがしんどい箇所が何箇所かあったが無事11時には北山村に到着。

kitayama03_320x240.jpg


道の駅おくとろで早目の昼食を済ませ、お土産物を見る。ここの一押しは花粉症に効くと言われている柑橘である「じゃばら」だ。生のじゃばらは売っていなかったがじゃばらの加工品がいろいろ取り揃っていた。

kitayama04_320x240.jpg


さあ、いよいよいかだ下り。しかし大雨。大丈夫かな?と思っている間もなく乗船?乗いかだ。思っていたよりスリルもなく安全そのものだった。70歳という年齢制限のため、お袋は道の駅でお留守番だったが全然乗船しても大丈夫だった。まあ、大雨なので留守番のほうが良かったみたいだが…

kitayama02_320x240.jpg


15時北山村を出てホテルに戻る。雨と川で冷え切った体に白浜温泉は非常に優しかった。ほんとに気持ちよく入浴し、本日も夕食。今晩のメインは、モチガツオの刺身である。旨い旨い!!

今回もいろいろあったが、美味しい物は食べれた旅だった。

残念ながら天候のせいかメインイベントいかだ下りはもう一つだったが。。。

猫のごましおはその後手術も成功し今も元気にしています。

posted by おじんは旅人 at 15:40| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。