2015年12月22日

奄美大島の旅 − 鹿児島県 2008/6/8〜6/9 −

会社の島部(といっても4人)、第3弾となる島旅。
今回は奄美大島に行くことにした。
奄美にした理由は、沖縄本島と違いツアーが少なく、安く行くには第1弾の宮古島と同じくマイルがあるうちに行こうと言うことになったためである。
そういうわけで、JALのお供deマイルを使っての旅とあいなった。

朝の4時半に起き出しバナナにかぶりつき東京篠崎のアパートを出発する。
羽田空港に7時過ぎに到着、他の3人と合流。
8時15分発のJAL1953便はガラガラ。まあ、日曜日の朝から奄美大島に行く人間は限られているか。
定刻より少し遅れ、11時前に奄美大島に到着した。


奄美大島は周囲460Kmもあり鉄道は無いので、事前にレンタカーだけは予約しておいた。先ずは、昼食。ここは、やはり奄美大島名物の鶏飯(けいはん)を食べておかなければいけない。「鶏飯 ひさ倉」に直行。鶏飯は美味しかったが、こんなんやねんやという感じだった。お店が観光客相手だからだろうか。

3162840.jpg


さて、昼食後。奄美諸島は6つの有人島から出来ているので、島部としては行ける島には行っておきたい。

そこで、「男はつらいよ」のロケ地、加計呂麻島に向かう。加計呂麻島は奄美大島の南に位置している。奄美空港は奄美大島の北の端。2時間掛けて奄美大島の東側を縦断し、奄美大島の南端、古仁屋に行く。

古仁屋港から14時発のフェリーで加計呂麻島の瀬相港に上陸。まだ夏のシーズン前と言うこともあり、ほとんど人がいない。

目的地は、「フーテンの寅さん」のロケ地である諸鈍長浜にディゴの並木を見に行くことにした。
港からのディゴの並木までの途中にスリ浜と言うリゾートっぽい場所があり、そこでしばし休憩。人がいないので、ホントにのんびりできいい気持ち。リフレッシュし出発。

Surihama.jpg


ディゴの並木や寅さんのロケ地である諸鈍長浜は、素朴でキレイ。今まで色々な土地に行ったが3本の指に入るいいところだった。寅さんみたいにここでのんびり暮らしたいものである。

deigo320x213.jpg


deigo320x240.jpg


が、そうは行かず早々に引き上げに掛かる。
加計呂麻島から奄美大島への戻りは、往きとは違う生間港から15時55分発のフェリーに乗った。


奄美大島に着くと大雨。西岸を北上し名瀬に向う。17時半名瀬のホテルニュー奄美にチェックインした。
ありがたかったのは、このホテル、大浴場が付いていたので雨で冷えた体をゆっくり労わる事が出来た。

さて、島部の最大のイベントである夕食!!
雨がひどく外に出るのはいやになるが、事前にとりあえず調べておいたお店「新穂花」に出発。
奄美大島の商店街の近くのはず。行ったり来たり、、、何往復かしたが、店が無い。
どうも、閉店したらしい。う〜〜ん、、ぼうぜん。。。

もうこうなれば人に聞くしかない。ちょうど商店街を歩いていた地元の中年のカップルにいいお店がないか尋ねた。

いやぁ〜なんという親切な人達だろう。行き付けの店を紹介して下さったうえ、予約まで入れてくれ、あまつさえ十分にしてもらったのに雨が降っているからと自分たちの車で店まで送って下さった。感謝感激雨あられ!!
自分たちは今日は行けないが十分楽しんできて下さいねと言う嬉しいお言葉に後押しされ、紹介されたお店「喜多八」に入店。

お店のマスターにお勧め料理を聞き、野菜中心の島の料理を頂き、お客さんにはお勧めの焼酎を聞き、飲み食いを堪能した。


お腹もいっぱいになり、雨も小降りになった。
今晩しか遊べないので、今度は喜多八のママさんにお勧めのスナックを教えてもらう。
ここでもまた、お店まで案内してもらった。なんて奄美の人達は親切なんだ!!!
スナック「ファミリー館」でワーワーと騒ぎに騒ぎ、日付けが変る頃、店を出てラーメンを食べてホテルに戻った。
とにかく、安くて楽しい夜だった。


翌日、やはり雨。
雨がひどいので本日の作戦を皆で練り直す。
先ずは、名瀬の西にある大浜海浜公園に行く。雨が小ぶりになったので、海をしばらく鑑賞する。ここはウミガメノの産卵地で「日本の海水浴場55選」にも選ばれている。天気が良ければキレイな東シナ海が見れたはずだが…。

奄美大島ではまだ北西側だけ行っていないと言うことで北西側をドライブ。
しかし雨のため車の外に出れず車内から観光。名瀬に戻る途中、大型のショッピングセンターがあったので土産購入や奄美の野菜などを見学に立ち寄る。昨日、居酒屋で教えたもらった焼酎「長雲」を探したが売っていなかった。

いったん、名瀬に戻り昼食。
鳥しん」というお店に行く。一見こ汚い店だったが大当たり。初日の「ひさ倉」より断然美味しかった。
鶏飯にニガウリ炒め、油ソーメンなどの郷土料理を堪能。どれも美味しく機会があれば夜も来たいお店であった。

食後、名瀬の酒屋さんに寄り「長雲」を発見。25度や30度、5合瓶や一升瓶いろいろあったが迷わず度数の高い30度の5合瓶をケース買いし自宅に送ってもらった。大阪でゆっくり飲もうっと。

名瀬を離れ、最後の観光「奄美パーク」に寄り早めに空港に行く。
19時の便までまで時間があるので、空港で軽く飲み、楽しかった奄美旅行は終了した。
posted by おじんは旅人 at 10:59| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。