2013年01月28日

川湯野営場キャンプ旅 2日目 −和歌山県本宮市 2008.1.16〜1.17 −

6時半に目が覚める。
さすがに体が、冷え切っている。
体がカチコチで動かない。
ギクシャクしながら、仙人風呂に急行。

仙人風呂


湯に浸かって、ようやく、体がほぐれてきた。

朝食は、昨晩の残りで雑炊を作り、キャンプサイトの撤収をする。

10時過ぎに、キャンプ場をチェックアウト。瀞峡めぐりの予定を立てていたが、時間の都合でカット。瀞峡がない分、熊野川沿いを新宮経由で帰ることにする。

熊野川


熊野川沿いの景観を十分楽しみ、新宮に到着。
新宮でめはり寿司を食べようと考えていたが、まだ昼には早いので熊野那智大社行く。

熊野那智大社


那智の滝を熊野那智大社から望みM君の和歌山ポイントがまた上がった。

那智の滝 熊野那智大社より


熊野那智大社を後にし、紀伊勝浦へ。
昼飯の時間だが、どこが良いか分からず、ずるずると串本まで行ってしまう。
さすがに、ここらで昼食にしようとコンビニに飛び込み、店員さんに美味しい食堂を紹介してもらう。
コンビニの店員さんを信用していないわけではないが、港に行きそこでも訪ねる。
二人とも同じお店を教えてくれたので、そこに行った。

水門まつり(みなとまつり)」串本の漁業組合長さんがやっている店だそうである。
私は刺身定食を選択。出てきた定食の刺身は、新鮮で量も多く大満足であった。
M君はまぐろ丼を選び、東京のそれと比較しようとしている。
まあ、東京のまぐろは美味しいもんね。
M君の頼んだマグロ丼も非常に美味しいらしく満足していた。さすが紀伊勝浦港の近くだけある。

食後、潮岬をドライブし大阪に一直線に帰った。

潮岬からの太平洋の景色


実は、夕方からふぐを食べに行く予定だったので、一気に大阪に帰る必要があったのだ。
せっかく、東京からM君が来ているので、M君にもふぐを食べさせようという計画をしていた。
しかし、昼飯が遅くなり量も多かったので、あまりお腹が空いていないと、M君は遠慮していたが、まあ、行くだけ行こうということになった。

目的地は、尼崎のふぐ屋さん「ふく千」。
友人のお兄さんのお店で、リーズナブルで美味い。
19時前に「ふく千」に到着。
確かに、まだお腹が空いていないよね。
でも、美味しいから食べてみて、M君。

食べ始めると、美味い美味いとバクバク食べてくれる。

ふく千 宴会場

フグのコース ふく千

ふぐのにぎり ふく千


ふぐの握り千サラダというふく千オリジナルのふぐのサラダ。
こんなの食べたことないでしょ!?
どう、この実力。本当に美味しいでしょ。

雑炊 ふく千


結局、M君。〆の雑炊まで完食してくれました。

1泊2日の早足での旅でしたが、M君には十分関西の実力を見せられてと思います。
幼なじみAは、面目躍如!!!

本当に、お疲れ様でした。
また、良かったら旅しましょう!!


日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 13:30| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。