2013年01月02日

東京・箱根の旅 1泊目− 神奈川県箱根町 2010/1/8〜10 −

箱根から芦ノ湖へ抜けるロープウェイから見る富士山の景色は最高である。
その昔、私が商社に勤めていたころ、そこの貿易部の先輩から聞いたのだが、海外からお客さんがやってきた時、案内する観光地が、まずは「東京ディズニーランド」。そして、箱根経由芦ノ湖周りのコースだそうで、このコースは様々な乗り物が堪能でき、歴史スポットもあり海外のお客様には人気だそうである。
その中でもメインが箱根ロープウェイからの富士山を見ることだったと記憶する。

ちょうど、健康保険組合で新しく建てられた「箱根の森」という宿泊施設に当選したので、富士山を見に行くことにした。

そして、もう一つ。
ほぼ完成間近の「東京スカイツリー」をホテルから見るということも、この際兼ねることにした。

メンバーは、息子が受験のためお袋と妹と私の3人である。

前にも書いたが、土曜日は実家の店が午前中は営業しているので、午後からの出発となる。
私の方は東京本社で会議に参加するため大阪を始発で発った。
お袋たちは、15時47分ののぞみ240号に乗車するはずなので東京駅で18時半に合流する予定にしていた。

会議は朝から始まり15時半に終わった。まだ時間があるので、同僚の家でチゲ鍋をアテに飲むことになった。
18時過ぎに同僚の家を出て、急いで東京駅に向かい、ぎりぎりのぞみ240号の到着に間に合った。
タクシーで今夜のホテル、部屋から東京スカイツリーが見える、「東武ホテルレバント東京」に行く。

東武ホテルレバント東京


チェックインし、荷物置き、直ぐ「東京スカイツリー」を確認。
綺麗に見える。すごい、すごい。

完成間近の東京スカイツリー


東京スカイツリー確認後、お袋が東京に来たら必ず行く浅草の「柿汁」に向かう。
折角「柿汁」に行くので、東京に転勤で来ている大学時代の同級生を呼び出した。
お袋も良く知っている親友である。仕事で少し遅れるみたいなので先に始まることにする。
先ずは、ビールで乾杯。
柿汁」に来たら必ず食べないといけない、
海老しんじょう
肉じゃがはもちろん注文。

そのほかに、マスターがお勧めの
鯛カマの塩焼きや白菜海鮮餡かけなどを注文。

相変らず、マスターの料理は抜群に美味い。

20時に親友Kも合流し、お袋も久しぶりに会うので、話が弾む。
あっという間に、23時になってしまい名残惜しいが「柿汁」を出る。

親友Kのアパートも同方角だったので、タクシーに同乗し、ホテル前でまた会うことを誓って別れた。

さあ、明日の箱根行きのために寝ることにしよう。
お休みなさい。


翌朝、7時に起き、部屋のカーテンを開け東京スカイツリーを堪能。
バイキングの朝食を摂り、チェックアウトまで時間があるので、9時半にホテルの近所を散歩がてら東京スカイツリーにじわじわ近づく。

どんどん、東京スカイツリーはデカくなってくる。上ばかり見ているので首も痛くなってきた。もうこの辺でいいかというところまで行きホテルに引き返した。



日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 20:44| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。