2012年12月14日

甲斐商店訪問記 − 鹿児島県伊佐市 2012/11/15 −

朝8時半、鹿児島空港に着きレンタカーを借り、9時前鹿児島空港を出発。
目の前にある九州自動車道の鹿児島市内とは反対方向に乗り、粟野ICで降り、国道268号線を水俣方面に走ると伊佐市に向った。
今回の蔵めぐりで空港より北にある蔵は、甲斐商店のみでした。

国道268号線を走って伊佐市に入ると大口酒造の大きな工場が見えてきた。後で分かったことだが、鹿児島では大口酒造の黒伊佐錦が良く飲まれているようである。

10時前伊佐市の甲斐商店に到着。清潔感溢れる綺麗でりっぱなお店である。
中に入り来意を店に人に伝えると、社長(甲斐商店は合資会社なので、厳密には社長ではなく代表社員であるが、ここでは分かりやすく社長と記す)は工場に行っているので少しお待ちくださいとのこと。
しばらく店内にあるテーブルで待たせていただくことになりました。

甲斐社長を待っていると、地元のおばあちゃんが空き瓶を持ってこられて新しい伊佐美を買って帰られたり、車で伊佐美をケースで取りに来られるお客さんが絶え間なく来られる。
やはり、地元で愛されている蔵なのだ。

甲斐商店全景


ほどなく、甲斐社長がやってこられ、名刺交換。

さっそくお話を伺う。
現在、目いっぱい焼酎を作っておられ既存の取引先に納入する分だけしか作れない。
新規の取引はとてもでないが無理な状態である。
まして、今年は芋が少なく、また、高値で取引されているため、例年の出荷量が作れるか微妙な状況だそうである。
出荷に関しては、問屋さん経由が70%で、残りを小売店と直取引、または、甲斐商店さん自身が販売されています。

我々も伊佐美がどれほど美味しいかを伝え、その美味しい伊佐美を適正な価格(定価)で販売したい想いを伝えた。

が、伊佐美が美味しいと言ってもらえるのは有難いが、先ほどお話した通りの状況なので、既存の取引先が何らかの事情で取引が無くなったら、新規の取引先のことを考えないわけではないが。。。
ということでした。

また、ネット上での価格については非常に苦慮されており、甲斐商店は、パソコンも置いていないしネットのことも何も知らないのに勝手に伊佐美が独り歩きしている。
どこかで誰かが儲けている。伊佐美は1980円の焼酎でそれ以上の高い焼酎ではないと怒っておられました。


甲斐社長様の印象は、伊佐美を愛し、一途に伊佐美を造られている職人さんと言う感じの方で伊佐美を過大評価もしないし過小評価もしないで客観的に見られていると感じました。

蔵は見学できないということなので、お話の後失礼しました。

また、鹿児島に来たら御伺いしますので、お話を聞かせて下さい。
よろしく、お願い致します。

伊佐美の看板 甲斐商店


貴重なお時間ありがとうございました。


日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
ラベル:甲斐商店 伊佐美
posted by おじんは旅人 at 19:23| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。