2012年07月28日

廃村(大平宿)の旅 −長野県飯田市−

今から10年以上前になると思います。
当時、アウトドア紙のビーパルを読んでいたら、廃村に泊まれるという記事が目につきました。
おまけに、いろり付きの古民家が宿泊場所という魅力的な内容でした。

いつものK氏はもちろん、今回は車が必要だったので車所有のK氏など、仲間5人で行きました。
出発前日いつものK氏の家に泊めてもらい朝早くから出発。
長野県飯田市のアルススポーツさんを目指しました。
アルススポーツさんで古民家のカギを頂き、シュラフをレンタルしてもらって、町で宴会の材料を購入し大平宿に向かいました。

大平宿についてビックリ。
廃村、古民家というのをどこかロマンティックに受け取っていたのですが、
現実は・・・・
header.jpg

古民家というより廃屋というにふさわしい家が数件、街道の脇に点在しているという感じでした。
また、古民家は江戸時代に建てられたものを保存、使用しているとのことで、広いことは間違いなかったのですが、いつ潰れてもおかしくない感じでした。
おくどさんや風呂は使いませんでした。
風呂は五右衛門風呂ではなかったのですが、電気などというものは無かったため暗く家が広い分だけ怖くて誰も入りませんでした。


しかし、よくよく考えてみるといつものキャンプより全然快適で、こんな広々とした空間を5人で独占して、家の中で焚火(いろり)が出来るなんて贅沢な話です。
もちろん囲炉裏を囲んでの宴会をしました。
鍋を自在カギに吊るして味噌味の鍋を囲んで飲む飲む。
45123552475f1c2cdcda-L.jpg

飲み進むうちに、廃村であるので周りには明かりひとつないという自明のことが判明、肝だめしを実施することに。
ゲームをし負けた二人が村はずれまで往復するという単純なものでしたが、都会で暮らしている我々には十分スリリングでした。


囲炉裏での宴会を続けながら眠くなった人が徐々に囲炉裏から離れ、シュラフに潜り込みます。広いからどこででも寝れます。
朝まで囲炉裏を囲んでいたメンバーも居たみたいですが。。。


翌日、飯田市まで戻りアルススポーツさんにカギとシュラフを返却。


そのあと、飯田市の温泉「天空の城」でゆっくり温泉につかり、帰宅の途につきました。
今回も私は大阪に戻るので、JR中央線の中津川まで送ってもらい、そこで皆で鰻を食べて別れました。


囲炉裏体験、是非皆様も一度如何ですか?

関西では、和歌山のしみず温泉でも囲炉裏の体験が出来るはずです。

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 17:35| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。