2016年10月17日

川湯温泉キャンプの旅 − 和歌山県本宮 2008/9/13〜9/14 −

今年の1月友人A親子と私で川湯温泉にキャンプに行った。Aはよほど気に入ったのか、あちこちのカフェの女の子にその話をしまくっていた。
その中の一人にミナミのカフェで勤めているかおるちゃんが居た。友人Aはかおるちゃんに如何にキャンプが素晴らしいか力説。ついに一緒にキャンプに行くことになった。
まだキャンプ初心者のAは私に泣きついてきたのである。そこで、私が段取りして一緒に行くことと相成った。
かおるちゃんはキャンプ初体験。もちろん道具などはない幸いまだ暑い時期なので、タオルケットを持参してもらうことにして、テントや椅子など他のキャンプ道具は私が用意す津ことになった。
待ち合わせは、土曜日のお昼に和歌山の山為食堂ということになった。


午前8時半。友人Aとキャンプ道具をわが愛車ヴィッツに積み込み、出発。
まずは、今夜の夕食と明日の朝食用の食料を調達に近くのコーヨーに買い物に行く。
買い物を済ませ、いざ、和歌山の待合せ場所へ。


山為食堂に12時前に到着。


yamatame.jpg



ほどなく、かおるちゃんもやってきました。フィアンセと一緒に…。

気を取り直して、ご挨拶。フィアンセとはもちろん初対面だが、かおるちゃんとも初対面なのでぎこちない挨拶になる。
しかし、山為食堂のラーメンを食べるにつけ、美味しさも相まって徐々に打ち解ける。なかなかお似合いのカップルである。
この二人には初めてのキャンプを楽しんでもらおう!!!


15時半、川湯野営場木魂の里に到着。
このキャンプ場は私が関西で一番好きなキャンプ場で、オートキャンプ場ではあるが電源設備や区画などはなく自由気ままにキャンプできるのが素晴らしい。また、お盆の時期を除いて予約不要というのもいかすキャンプ場である。さらに、もちろん直火の焚火もOKなのだ!!!!


kawayu_yaeijo.jpg



かおるちゃんカップルを指導しつつテントやタープの設営。が、ここでコンロを積み忘れたことが発覚!!びえ〜〜ん、どうしよう!!焚火で調理するか!?しかし、メニューはすき焼き。う〜ん。。。
そうだ、本宮にホームセンター「コーナン」があった!コーナンに、カセットコンロを買いに走り、事なきを得る。
これぞ、キャンプの醍醐味やね…(汗)


夜のとばりが降り始めたので、夕食にする。
昔はキャンプといえば夜はバーベキューばかりだったが、回を重ねるにつれバーベキューが減り鍋を主体にしたメニューになった。
まあ、真夏に行かず秋から冬のキャンプが増えたせいもあるが…


楽しい夕食も終わり、キャンプのメインイベント、直火の焚火をかおるちゃんたちに楽しんでもらう。
キャンプ場にチェックインのときにキャンプ場で買った薪に火をつける。キャンプ場の薪は火が付きやすく、すぐ燃え尽きるのであっという間に終わってしまうが、かおるちゃんたちは十分楽しめたようである。


翌朝はゆっくりめに起床。夜のうちに雨が降ったらしく湿り気十分な朝となる。
我がテント(私と友人Aが寝たテント)では、テントの下にコウロギが居たらしく一晩中耳元で鳴かれ寝不足である。

昨晩のすき焼きにうどんを入れた朝食をみんなでとる。鍋にするといいところは、翌朝の朝ごはんが楽。それに旨い。鍋は最高にして最強。これに尽きる。


朝ごはん終了後、折角の川湯温泉。300円で公衆浴場に入浴に行く。


kawayu_onsen_Public_Bathhouse.jpg



ゆっくり片づけをして11時に川湯野営場を出発。最後に夏になったら必ず訪問する「赤木渓水郷」に連れて行く。


akagikeisuikyo.jpg



別働隊でお袋が妹と白浜温泉に前日から泊まっていたので、ここ「赤木渓水郷」で会った。お袋たちは食べ終えたところに我々が到着。
お袋に奢ってもらった。ラッキーであった。
いつもながら、ソーメンと鮎の塩焼きが旨い旨い。

全日程終了。
ここで、かおるちゃんたちと別れ一路家路に着いた。

今回の費用:13,000円


posted by おじんは旅人 at 11:50| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。