2015年07月09日

早戸温泉つるの湯の旅 − 福島県大沼郡三島町 2007/7/21〜22 −

東京出張を利用し久しぶりに青春18切符で私の大好きな只見線の旅に出かけた。
上野発の快速「一村一山」で出発するため、前日は上野にほど近い浅草のサンルートに泊まる。
6時20分に上野駅待ち合わせしていたが、遠足気分で嬉しく5時45分には上野駅に到着。立ち食いの「つるや」で朝定食を食べ万全の状態。

今回の旅は、いつものK氏のほか、会社でどれだけ只見線がいいか、青春18きっぷの旅がいいか吹聴しまくったおかげで、独身女性が2名同伴することになった。ウキウキ!!!


というわけで、6時20分いつものK氏と合流。快速「一村一山」に乗車するためホームに行くが、すでに並んでいる。指定席は完売なので自由席で行くしかないのだが、女性たちは赤羽から乗車するので4人席の確保が必要。
何とか4人席を確保し赤羽で女性たちと合流。

快速「一村一山」は上野駅-土合駅間を高崎線・上越線経由で運航する列車で一部指定席の全車普通車で運転され、毎年7月と9月の1往復ずつという低頻度運転の列車である。
ちょうどその運転日と重なったのは私としてはラッキー!、他の人の感想は...微妙

034_01.png


「一村一山」には水上まで乗車し、小出まで行くために乗り換え。
土合駅は女性人も感動!そりゃ、普通列車の旅でしか見れないトンネル内の駅だもんね。
小出駅には11時21分に到着。

本日の泊りは、早戸温泉つるの湯
ここは湯治場で自炊が基本の宿です。その分料金は非常に安く、一人入湯税消費税込で、3,825円です。
じつは、いつものK氏は調理師の免許を持っていまして、今夜の食事はK氏にお任せということになっています。
只見線で早戸まで行ってしまうと買い物するところもないので、ここ小出で買い物と昼食。
先ずは、腹ごしらえ。駅前の蕎麦屋「富貴亭」でもりそばとビール。旅気分がいやがうえにも盛り上がります。
昼食後、スーパーで夕食の材料と酒を買い込み。
13時過ぎ、小出駅を出発。


只見線は相変わらずの景色を見せてくれる。日本の正しい山村風景。すごく良い感じです。一度、家人とも来たいものです。

16時過ぎつるの湯にチェックイン。

034_02.png



今回の目的の一つに早戸駅に前回来た時に紛れ込んだなんの変哲もないが幻想的と感じた村「早戸村」に散歩に行くというものでした。さっそく早戸村まで散歩。相変わらずの佇まいだったが村のどんつきにある墓地から早戸駅に抜けるけもの道の入口は分からなくなっていました。

宿に引き返し温泉を堪能する。早戸温泉の露天風呂は只見川を見下ろせてすごく綺麗はずです。。。。う〜ん、もやが。。。晴れろ晴れろ。
でも、そこそこ綺麗でした。

034_03.png


風呂から上がってK氏によるキムチ鍋で宴会。
小出で買ってきた日本酒の進むこと進むこと。ほんとリラックスで〜す。
サッカーのTV観戦もそこそこに男どもはダウン。美女2人を残し、すぐに夢の中でした。

翌朝、6時に起床し朝風呂に浸かりに行く。ゆっくりしすぎて朝飯を食べる時間が無くなり、7時過ぎチェックアウトし早戸駅に向かった。

私はここから北陸線経由で大阪に戻り、残りのメンバーは東京に戻る予定。
早戸駅に最初に来た列車は会津若松行き。東京戻りの3人は上越線経由で帰るか、磐越線経由で帰るか何も決めていなかったため取りあえず来た列車会津若松行に乗車することになった。
それでは、ここでお別れ(涙)
気を付けて、東京まで帰ってください。サヨナラ。またね。

034_04.png



私はそこから、小出へ行き、小出から六日町駅へ。ここで、ほくほく線に乗換え。
上越線の列車が遅れ、予定していたほくほく線の列車に乗り遅れる。そのおかげで、六日町で1時間の待ち時間が出来たので、駅前のスーパーマーケット「RARA」のパン屋さん「むっく・ぽっく」でパンを買い遅い朝食。
更に、ほくほく線のイベント列車「ゆめぞら」に乗車できた。
これがおもしろい列車で、列車がトンネルに入ると窓に花火が上がる。車窓の景色と花火を見ているうちに直江津に到着。
直江津で、駅弁を買い北陸線に乗換え。次いで富山から特急サンダーバードに乗り継ぎ、19時ごろ大阪に着きました。


さあ、家に帰って、ゆっくり寝ようっと!!!
posted by おじんは旅人 at 15:14| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。