2013年03月11日

あらぎ島への日帰り旅 − 和歌山県有田川町 2009/4/19 −

和歌山が好きである。幼馴染のA氏が東京からUターンしてきて、連れができ、ますます和歌山に行くようになった。
そんな時、インターネットでネットサーフィンしていると、読売新聞社平成百景を決めるイベントを主催していて、全国400の候補地から100箇所を選ぶ段取りになっているのを発見した。
その400候補地の中に、和歌山のあらぎ島が上がっていた。
その四季折々の景観が、何となく気に入り一度行ってみたいと思っていたので、A氏を誘って行く事にした。家から近いので、まずは、日帰りの偵察旅行である。

日帰りということもあり、今回はA氏とテニス仲間のKさんとその子供のKちゃんの4人で行く事にした。

目的は、あらぎ島の見学だが、折角、和歌山に行くのだから、まずは、美味い和歌山ラーメンから始める。
A氏は、山為食堂のラーメンがお気に入りなのだが、当日は日曜日で山為食堂は定休日である。そこで、こちらも人気店である、「○京」さんに行く事になった。
11時半、○京さんに到着。まだ、開店したところで、お客さんは誰も居なかった。

〇京 外観


中華そば早すしを注文。

中華そば 〇京

早すし 〇京


さすがに美味いが、山為食堂のコクがある中華そばのほうが個人的には好みである。
食べ終わって、店を出るころには、ほぼ満席となっていた。さすがである。

お腹も一杯になり、カーナビに目的地の入力も終えて、あらためて、あらぎ島に向けて出発。
カーナビの指示通り車を走らせると、県道19号線を通ることになった。
これが、久しぶり、いやぁ、何十年ぶりのひどい道だった。
初めてあらぎ島に行くので、カーナビを頼ったのが間違いだった。畑の中のあぜ道のようなところを通ったかと思うと、極めつけは、車の右側の左側も崖で、かつ、車1台が通れるのがやっとという道である。
前から対向車が来ればアウトである。対向車が来ないことを祈りながら道を進み、ようやく対向車とすれ違うことが出来るぐらいの広さの道に出たときは、正直ホッとした。
和歌山市からはこの道が近いのだろうが、次回来るときは絶対にこの道は通らず、国道を使ってくるぞと心に誓った。

あらぎ島に到着。

あらぎ島


あらぎ島は、日本の棚田百選に選ばれた景色。四季折々に美しく変わる風景がみどころだそうです。
確かに、島のように見える。よくネットに出ている写真は、道路からのものらしい。
なかなかいい景色である!

あらぎ島を後にし、近くのしみず温泉に寄る。

しみず温泉


日帰り温泉もあるが、時間の都合で入らず。しみず温泉の施設に茅引きの囲炉裏つきの1軒屋を貸してくれる。それを見るのも私としては楽しみにしていた。
そんな1軒家が2棟あり、ちょうど1棟にはお客さんが入っていた。少し覗かせてもらうと、広い。大人数でワイワイ宴会するには最適のようだ。また、手入れもきちんとされていて、長野の大平宿の廃屋のようにうら寂れていなかった。土曜日はよく使われているようである。

古民家の宿「左太夫」

古民家の宿「やすけ」


帰り道は、そこから高野山に抜ける道で帰る。
途中、ふれあいの丘に寄り、テニスコートがいっぱいあるのに喜び、今度テニスをしたいねとA氏とKさんは言っている。

ふれあいの丘 案内図


花園恐竜村にも寄りたかったが、時間の都合で断念。

その後、ぐねぐね道を登り高野山に到着、あらぎ島への道がひどかったので、全然楽チンであった。
奥の院を見学し、橋本経由で19時ごろ大阪に到着した。

本当なら4人で夕飯でも食べようと言う所なのだが、私が近所の友人から飲みに誘われていたのと、Kさんたちが加古川に住んでいるので遅くなってしまうので、大阪で別れました。

お疲れ様でした。
今度は、泊まりで行きましょう!!!
別の季節のあらぎ島も見てみたいし。


日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 08:56| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。