2013年02月14日

沖縄本島の旅 2日目 −沖縄県那覇市 2009.2.21〜2.22 −

沖縄2日目。
今回はいつもの飲み中心の旅ではなく、家族と一緒なので盛り沢山なスケジュールのため、朝7時前には起床。
8時前に「沖縄ポートホテル」をチェックアウトし、大衆食堂「みかど」に朝食を食べに行く。

沖縄のB級グルメ「チャンポン」を家人と息子に食べさせたいと思い連れていったが、家人は朝からチャンポンはキツイと沖縄そば、息子は全然考えず、豚しょうが焼き定食を食べる。
もちろん、私はチャンポンだが。。。

チャンポン みかど


8時半、みかどを出て、「美ら海水族館」に向かう。
実は、私も初めての訪問である。
しかし、大学1年のとき、沖縄海洋博が開催され、それには来ている。海洋博の前年と2年続けて沖縄に来たのだが、海洋博の年は、前年に比べ海が汚れていたのが、悲しかったのを覚えている。
その沖縄海洋博の開催していた地が、「美ら海水族館」となっていた。

沖縄海洋博の頃は、高速道路もなく那覇から非常に遠かったが、今は高速道路を使えば、1時間少々だ。
10時過ぎに「美ら海水族館」に到着。
天気は少し悪い。雨から曇り空だ。

美ら海水族館


美ら海水族館に入ると、すぐ海の生き物を直接触れるエリアがある。これにはビックリ。小さい海の生物を、直接、手で触れることが出来る水族館は初めてである。

水族館を回っていくと、お目当てのジンベイザメマンタのいる大水槽のエリアに入る。クライマックスである。
ジンベイザメは大阪の海遊館で何度か見たことがあるが、ここはジンベイザメが数尾泳いでいるのは初めてだ。

ジンベイザメ 美ら海水族館


楽しませてもらい水族館の外へでる。ビーチに行く。ここは、なんとなく沖縄海洋博の時の面影が残っている。
しかし、曇天で今一つ感動的に美しくなかったのは残念であった。

美ら海水族館を11時半ごろ後にして、恩納村へ食事に向かう。
本日の昼食は、地中海料理「カサ・ラ・ティーダ」。
ここは、沖縄の食材を使った地中海料理が楽しめるらしい。13時前に、カサ・ラ・ティーダに到着。

カサ・ラ・ティーダ

カサ・ラ・ティーダ 入口


カサ・ラ・ティーダは、雰囲気のある建物でテラス席もある。
ちょうど、12時ぐらいから晴れてきてテラスからの絶景を楽しめた。

カサ・ラ・ティーダ テラス越しの景色


食事というものは、こういう景色も含めてごちそうとなるのが良くわかった。
家人と息子はこのお店の料理を凄く気に入ったみたいである。
面目躍如かな。良かったぁぁぁぁ!!

家人が沖縄伝統の家屋を見たいというので、昼食後、「琉球村」に行く。

琉球村


屋根の上の守り神がシーサーになっている家屋が琉球村への入場前のお土産物屋もそうだったので、琉球村に入場を止めた。

琉球村に入場しなかったので、時間が余った。
それではと、急遽「海中道路」を見に行くことにする。
すっかり天候が回復し、非常に絶景。気に入る。

海中道路


伊計島まで行き、折り返して那覇に戻った。

17時半、レンタカーを返却し、那覇空港へ。

空港で、沖縄での最後の食事。
私は、沖縄B級グルメを推したのだが、家人・息子にもう沖縄料理はいいといわれ、「そじ坊」での日本そばの食事となった。
少し、残念である。タコライスか沖縄そばを食べたかった。。。

19時40分のJAL2578便で、関西空港に戻った。

今回も、楽しい充実した2日間だった。
しかし、沖縄は観光地として綺麗に整備されたぶん、高校の時のような田舎臭さがまったく無くなり少し淋しい思いをいつも持ってしまう。。。



日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 17:19| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。