2013年02月25日

石垣島の旅 2・3日目 − 沖縄県石垣島 2010.1.22〜1.24 −

石垣島2日目の朝は、6時半にベッドから出た。
体調は万全ではないが、何とかなりそうで、ホテルの朝食バイキングを食べ、7時半に出発した。
天候は、あまり回復せず、曇り空である。さすがにこの天気だとひんやりする。

石垣港離島ターミナルに着き、すぐさま8時半発の波照間島へのツアー「日本最南端の島と秘境西表島 波照間島・西表島観光コース」の開催の有無を確認に行く。
しかし、やはりというべきか海がまだ時化ていてツアーは中止になった。
ここまで来て、その気になっていたので非常に残念。

気を取り直し、同じ8時半出発の「仲間川(西表島)・由布島コース」に変更してもらう。

8時半石垣港離島ターミナルを出航し、9時過ぎに西表島の大原港に到着。
ここで、観光バスに乗り換え、添乗員さんの観光案内を聞きながら、由布島へ水牛で渡るための、出発地である、西表島の美原という在所に到着。
実は、海を水牛車で渡るというのも経験したかったので、このコースを選んだ理由になっている。

約20分掛けて、水牛車に乗り、海の中を由布島に渡る。

由布島へ渡る水牛車


しかし、水が引きすぎていて、海の中を渡っているという情緒は、あまり味わえなかった。満潮時は水深1メートルの深さの中を渡るそうで、お客さんは水浸しになることもあるらしい。

由布島入口


由布島は、島全体が植物園になっており、それぞれの施設が妙に東南アジアっぽく、南の島はこういう物なのだろうかと考えたりしていた。

11時由布島を離れ、再び観光バスでマングローブクルーズの出発地、仲間川ボート乗り場に行く。
仲間川を河口から上流の6.5kmにわたって広がる日本最大規模のマングローブ林を遊覧船でクルージング。
このクルージングでマングローブとは、ある植物の固有名称ではなく、熱帯や亜熱帯で海の干満により水位の変化を繰り返す潮間帯という特殊な環境に生育する植物の総称だということを初めて知った。
クルージングの最終地点から、陸地に上陸し、マングロ−ブの原生林を見ながらの徒歩2,3分の秘境の地に、厚さ7cmの板状の根が地上に露出した亜熱帯性の常緑高木である日本最大のサキシマスオウノキがあった。
なにしろ、でっかい!!!

日本最大のサキシマスオウノキ 西表島


再び、船に乗り、12時20分クルージングは終わった。
大原港に戻り、12時半出航。新城島(パナリ島)を経由して、石垣港に13時20分に戻ってきた。
今度、来るときはもっとゆっくり他の島も見たいものである。

昼食無しのツアーだったので、ラー油を買いがてら、「辺銀食堂」で昼食。

辺銀食堂 


私はジーマミ坦々麺、家人は、じゃが芋冷製をオーダー。

じゃが芋冷製 辺銀食堂


昼食後、竹富島に行こうかといっていたが、どうも体調が思わしくない。
天気も今一なので、竹富島は止めることにし、石垣島の市街地を散歩する。
一旦、ホテルに戻り昼寝をしたら、少し元気が出てきた。

18時過ぎ、夕食を食べにホテルを出る。
土産物屋に寄り、土産を買い、その足で、ホテルで調べた「あちこ〜こ〜」に向かう。

あちこ〜こ〜」は、落ち着きのあるいいお店である。

あちこ〜こ〜


南国風の落ち着いた雰囲気で、島の新鮮食材の創作料理とお酒を楽しめるというのがうたい文句。

取り合えず、オリオンの生ビールで乾杯!!

料理は、
ミミガー入り焼売豚タンスモーク餃子と島豆腐の小鍋を注文。

ミミガー入り焼売 あちこ〜こ〜


どれも、工夫されていて美味しい。

沖縄県の中では、石垣島の味が一番私には合う。
そんなところも、石垣島が好きな理由となっている。

家人は、2軒目のお店に行って、四角豆という石垣名物を食べたがっていたが、私の体調のせいで2軒目を断念。
ホテルに戻り、風邪薬を飲んで寝る。

最終日は、7時前に起きる。
本日は石垣マラソンの日らしく、ホテルでもランナーの方をたくさん見る。
8時にチェックアウトし、那覇空港経由で昼頃、関西空港に到着した。

今回も楽しかったが、天気と体調がもう少しよければもっと楽しかったと思う。

※「あちこ〜こ〜」は閉店したそうです。再訪したかったので、残念です。



日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

posted by おじんは旅人 at 11:47| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

石垣島の旅 1日目 − 沖縄県石垣島 2010.1.22〜1.24 −

前年、旅部で石垣島に行き、とても気に入った。
そこで、マイルを使って家人と二人で行くことにした。

5時に起床、関西空港に向かう。
飛行機の搭乗までには少し時間がるので、マクドナルドで朝食。

8時5分フライトのANA1731便で那覇空港へ飛び、11時5分フライトのANA1765便で石垣空港に飛んだ。
天気は今一で、どんより曇っている。

石垣空港に到着後すぐ、フジレンタカーでレンタカーを借りる。
まずは、明石食堂で、そばの昼食だ。
車を飛ばし、13時過ぎに明石食堂に到着。

明石食堂 外観

明石食堂 店内


家人は、初めてなので「八重山そば」、私は前来たとき「八重山そば」を食べているので、今回は「野菜そば」である。

八重山そば 明石食堂

野菜そば 明石食堂


ここの、そばはどちらかというとラーメンだ。もともと沖縄のそばは、小麦粉なのでほぼラーメンらしいが。。
やはり、旨い。家人も初めて沖縄のそばを美味しいと思ったそうである。

店を出て、石垣島最北端の平久保岬に行き、そこから南下して本日のハイライト、川平湾に向かった。

川平湾は、もちろん相変わらず絶景であるが、川平湾の駐車場に着いたとたん雨がしょぼしょぼ降ってきたため、スカッとした青空を写した海の色ではなったのが残念だった。

雨の川平湾


私は、前回いい天気のときの川平湾を見ているのでまだいいのだが、家人にもっと綺麗な川平湾を見せたかった。まるで、観光大使みたいである(笑)

川平湾から石垣市街地にある石垣港離島ターミナルまで行き、明日の波照間島行きのツアーの予約をする。
実は、明日離島に行こうということは決めていたが、どの島に行くかは決めていなかった。というのは、家人は乗り物に弱く、特に船にはめっぽう弱いので、家人のことを考えると波照間島までの船旅はきついかなと思っていた。
そこで、ドライブ中に家人と相談。せっかく石垣島まで来たのだから、日本最南端の島である波照間島まで足を延ばすことになったのである。

波照間島までのツアーは毎日実施されているが、本日は、海が時化ていてツアーは中止だったらしい。
明日は開催されるのを祈るばかりである。

ツアーの予約は済んだ。
次は、「辺銀食堂」でラー油の購入だ。
前回、石垣島に来たとき買えなかったので、今回は満を持して、早めの購入である。
それでも、一人1本なので、家人と2本購入する。

辺銀食堂 


取り合えず、本日のドライブは終了。
車で本日の宿、「東横イン」まで行き、チェックイン。
明日から車は要らないので、一人でレンタカーを返却に行く。
レンタカー屋さんに石垣港離島ターミナルまで送ってもらい、そこからホテルまで歩く。
東横インは少し不便なところに建っていて、石垣港離島ターミナルから15分ほど掛かった。
東横インのポイントが貯まっていて、シングルは無料で泊まれる。今回はツイン利用なので、シングルとの差額分を支払えば泊まれる。
2泊分で4,200円である。多少、繁華街から遠いのは我慢しよう!!

さあ、夕食に行こう!
前回美味しかった「島料理みぃふぁいゆー」という居酒屋に行く。
金曜日だからか、ほとんど満席状態。何とか二人入ることができた。

とりあえず、オリオンの生ビールで乾杯!!

イカ墨チャーハンヒラヤーチーを注文。

味はいい!ナイチャーでも食べやすい。

せっかく石垣に来たのだらもう一軒別なところに行こう!!
19時半ごろ「島料理みぃふぁいゆー」を出て、街をブラブラ。

なんとなく、何軒か覗きつつ、居酒屋「錦」というお店に何となく入る。

居酒屋 錦


すごく込んでいるが、カウンターに二人座れた。
こちらのお店も、「島料理みぃふぁいゆー」同様、地元の人たちがいっぱいで活気に満ちている。
期待大である。

やはり、オリオンの生ビールで乾杯!!

ジーマミ豆腐の揚げ出しを注文。
他は、忘れてしまった。

しかし、ジモピーで込んでいるだけあって、料理は美味しかった。

21時ごろ居酒屋「錦」を出て、ホテルにブラブラ戻る。
どうも、体調がいまいちである。。。


日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 14:35| Comment(1) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

沖縄本島の旅 2日目 −沖縄県那覇市 2009.2.21〜2.22 −

沖縄2日目。
今回はいつもの飲み中心の旅ではなく、家族と一緒なので盛り沢山なスケジュールのため、朝7時前には起床。
8時前に「沖縄ポートホテル」をチェックアウトし、大衆食堂「みかど」に朝食を食べに行く。

沖縄のB級グルメ「チャンポン」を家人と息子に食べさせたいと思い連れていったが、家人は朝からチャンポンはキツイと沖縄そば、息子は全然考えず、豚しょうが焼き定食を食べる。
もちろん、私はチャンポンだが。。。

チャンポン みかど


8時半、みかどを出て、「美ら海水族館」に向かう。
実は、私も初めての訪問である。
しかし、大学1年のとき、沖縄海洋博が開催され、それには来ている。海洋博の前年と2年続けて沖縄に来たのだが、海洋博の年は、前年に比べ海が汚れていたのが、悲しかったのを覚えている。
その沖縄海洋博の開催していた地が、「美ら海水族館」となっていた。

沖縄海洋博の頃は、高速道路もなく那覇から非常に遠かったが、今は高速道路を使えば、1時間少々だ。
10時過ぎに「美ら海水族館」に到着。
天気は少し悪い。雨から曇り空だ。

美ら海水族館


美ら海水族館に入ると、すぐ海の生き物を直接触れるエリアがある。これにはビックリ。小さい海の生物を、直接、手で触れることが出来る水族館は初めてである。

水族館を回っていくと、お目当てのジンベイザメマンタのいる大水槽のエリアに入る。クライマックスである。
ジンベイザメは大阪の海遊館で何度か見たことがあるが、ここはジンベイザメが数尾泳いでいるのは初めてだ。

ジンベイザメ 美ら海水族館


楽しませてもらい水族館の外へでる。ビーチに行く。ここは、なんとなく沖縄海洋博の時の面影が残っている。
しかし、曇天で今一つ感動的に美しくなかったのは残念であった。

美ら海水族館を11時半ごろ後にして、恩納村へ食事に向かう。
本日の昼食は、地中海料理「カサ・ラ・ティーダ」。
ここは、沖縄の食材を使った地中海料理が楽しめるらしい。13時前に、カサ・ラ・ティーダに到着。

カサ・ラ・ティーダ

カサ・ラ・ティーダ 入口


カサ・ラ・ティーダは、雰囲気のある建物でテラス席もある。
ちょうど、12時ぐらいから晴れてきてテラスからの絶景を楽しめた。

カサ・ラ・ティーダ テラス越しの景色


食事というものは、こういう景色も含めてごちそうとなるのが良くわかった。
家人と息子はこのお店の料理を凄く気に入ったみたいである。
面目躍如かな。良かったぁぁぁぁ!!

家人が沖縄伝統の家屋を見たいというので、昼食後、「琉球村」に行く。

琉球村


屋根の上の守り神がシーサーになっている家屋が琉球村への入場前のお土産物屋もそうだったので、琉球村に入場を止めた。

琉球村に入場しなかったので、時間が余った。
それではと、急遽「海中道路」を見に行くことにする。
すっかり天候が回復し、非常に絶景。気に入る。

海中道路


伊計島まで行き、折り返して那覇に戻った。

17時半、レンタカーを返却し、那覇空港へ。

空港で、沖縄での最後の食事。
私は、沖縄B級グルメを推したのだが、家人・息子にもう沖縄料理はいいといわれ、「そじ坊」での日本そばの食事となった。
少し、残念である。タコライスか沖縄そばを食べたかった。。。

19時40分のJAL2578便で、関西空港に戻った。

今回も、楽しい充実した2日間だった。
しかし、沖縄は観光地として綺麗に整備されたぶん、高校の時のような田舎臭さがまったく無くなり少し淋しい思いをいつも持ってしまう。。。



日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 17:19| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。