2012年12月03日

鹿児島・宮崎焼酎蔵めぐり 2日目 − 鹿児島県 2012/11/15〜11/17 −

朝、6時起床。
7時にはホテルをチェックアウトし、車の中で前日買っておいたイケダ製パンの揚げアンパンで朝食をとる。相棒のS氏は出発前に食べ終えたそうである。
そして、一路、宮崎の日南市を目指した。
道はガラガラで、予定より少し早く日南市に入れた。
日南娘」の宮田本店さんに行くのに海岸沿いの道を進んだが、そこの景観が素晴らしかった。一度ゆっくり来たいものである。

9時半、宮田本店さんに到着。

宮田本店


麹米を出し、一次仕込みの真っ最中ですごく忙しそうである。
社長さんのお母さんがお話をしてくれた。
昔は、宮田本店さんのある日南市の大堂津に焼酎蔵が7件あったそうだが、現在は古澤醸造さんと宮田本店さんの2軒だけになったそうである。そんな話をしているところに宮田社長さんが顔を出してくださり、蔵を案内してもらう。
ビックリしたのは、宮田社長さんが女性だったことである。勝手に男性と決めつけていたので。。。

帰路、日南焼酎会館に立寄り、鹿児島の志布志市を目指した。

次は、志布志市にある「侍士の門」、「華奴」の太久保酒造さんである。どんな場所にあるかも分からないので、お昼は太久保酒造さんの近くで食べることにして一路、志布志市を目指した。

取りあえず、場所を確認しよう太久保酒造さんを目指すが、周りは畑ばかり他に何もない。
と、太久保酒造さんの立て看板が現れた。
やっと、太久保酒造さんに到着した。が、これは、昼を食べるのは無理である。
太久保酒造さんの場所を確認した後、少し車を走らせたが、食事できるよなところもやはりないので、やっと見つけたガソリンスタンドでガソリンだけを補充し、後は昼寝とした。
ガソリンスタンドも昼時で人は居ず、隣のよろずやさんに声を掛けて、やっとガソリンを入れてもらえたのだが。。。

13時、太久保酒造さんを訪問。

太久保酒造


中山取締役専務と岩切氏にお話を伺い、本社の工場を見せてもらった。
本社の工場は瓶詰のみを受け持っているとのことであった。
仕込みの工場は、本社から30分位の曽於郡にあるとお聞きし、無理を言って蔵見学をさせてもらうことに。
相棒と二人で蔵見学に出発。蔵では3人の従業員の方がいらっしゃり待っていてくれた。
午前中にトラブルがあったとかで、作業が午後にづれ込んでいる。忙しいのにもかかわらず、蔵を案内してもらい、お話をお聞きした。ありがとうございます。

さて、今日の予定では、後は鹿児島市に戻るだけなのだが。。。

まだ、時間がある。
気になる蔵が近くにあるので行こう!!
ということで、垂水市の蔵である、「八千代伝」や「熟柿」の八千代伝酒造さんの蔵見学に行くことにした。

途中、鹿屋市と言う大きい街を通過したとき、「すき家」があったので、そうとう遅い昼食をとった。

16時過ぎ、八千代伝酒造さんに到着。

八千代伝酒造


蔵見学は勝手に自由に出来るようになっている。
帰りに販売所があったので、八千代伝の前掛けを購入した。
昔々、私が子供のころは酒問屋さんが前掛けや自転車の振分袋をただでくれていたが、最近はすべて購入しないといけなくなった。
いい文化だったのにと思う今日この頃である。
16時半、八千代伝酒造さんを出て、錦江湾沿いに車を走らせる。

本日の宿は、鹿児島東急ホテル
元々の予定は、本日は宮崎に泊まるつもりで宮崎のホテルを取っていたが、急遽、鹿児島のホテルに泊まることになり予約したホテルである。

しかし、ツインとはいえ目の前に桜島が見える部屋で1泊一人3000円は超お得である。
ただし、19時以降のチェックインに限るプランだったので、八千代伝酒造さんからゆっくり戻る必要があった。

そこで、鹿児島市までの途中にある、森伊蔵酒造さんも見ていくことにした。
17時過ぎ、森伊蔵酒造さんに到着。
蔵はすでにしまっていた。こういうところで森伊蔵は作られているのかという感慨がわく。目の前に錦江湾があり綺麗な景色のところだった。
そのあとも、高速を使わず地道でコトコト、ホテルを目指した。

ちょうど、19時に鹿児島東急ホテルに到着した。

鹿児島東急ホテル


チェックインし、部屋に荷物を置く。広い、広い、目の前は港だ。(暗くて見えないが。。。)


室内 鹿児島東急ホテル


すぐに、夕食を食べに出発。
バスかチンチン電車で行くつもりでホテルを出たが、結局、歩いて1時間以上かけて鹿児島中央まで行った。
今日の目的の店は、屋久島出身のマスターがやっている「屋久乃庵 梅吉」5月に来た時もお邪魔したお店である。
本日の目的は、屋久島の首折れサバと森伊蔵などの焼酎。
首折れサバは今回3度目のチャレンジ。入店時にマスターに確認。本日はあるとのこと。やったぁぁ!!
首折れサバをやっと食べれた。旨い。適度な脂の乗り具合でちょうどいい感じに美味い。よかった!!
それと、焼酎だ。
さすが本場。森伊蔵魔王萬膳八幡などが全て520円で飲める。
泣かせるなぁ!! でも、鹿児島では普通ですとマスターに軽くいなされた。

美味しいものも食べれて、今夜で鹿児島も最後なので、もう1軒。
鹿児島の新名所。かごっまふるさと屋台村に行った。歩くこと1分で到着。
いろいろお店が26軒もあるが、今日のところは〆のラーメンにしておこう。

23時ごろすべて終了。

ホテルにタクシーで戻り、明日の朝の桜島の景色を期待して眠りにつきました。




日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 17:16| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。