2012年09月08日

旅部で沖縄へ その1− 沖縄県那覇市 2007/11/9〜11 −

当時私は大阪の責任者として仕事をしていました。
部下を集めて旅部を結成して、月5,000円づつ春から積立をし、ある程度貯まったので、第一回の旅部のたびを企画しました。
一回目は、またまた沖縄県の那覇に決定。


理由はいろいろあるのですが、
1.シーズンオフで安い。4ヶ月貯めた額でツアーに参加可能。
2.旅部の若い面々が、大人の社交場が好きで、いい所を探していたら、「真栄原社交街」がヒットした。
3.これが一番大きな理由だが私が行きたかった(笑)

ここで、2の真栄原社交街がどのようにして搾り出されたかを記述すると、以前から書いている通り私は椎名誠氏のファンなのですが、椎名誠氏のエッセイか何かで花村萬月氏の作品の紹介があり何冊か読みました。花村氏は沖縄が好きのようで沖縄が舞台の話が何冊もあります。
その中で、真栄原が出てきて、肉汁がめっぽう旨い。また、社交街は昭和の雰囲気を残した色街だとの記述がありました。
大阪にも飛田という色街が存在します。どう違うのか見てみたい。
純粋に見てみたいというのが理由となりました。
(真栄原社交街は、閉鎖されました。)


11月9日午前中仕事をして、そのまま関空に向かい、残りのメンバー5人と合流しました。
横浜出身SA氏、大阪支社一のエッチなH氏、営業のM氏、神戸のSN氏、宝塚のA氏と私の6名です。

関空発13時55分の全日空でフライト。
那覇に着き、17時にホテルにチェックイン。
今回は阪急旅行社のツアーなのでアパホテルのトリプルルームが2部屋です。

アパホテル 沖縄

民謡居酒屋「きらら」を19時に予約し、早速那覇の町を散策。
さすが、H氏那覇の歓楽街をリサーチ済み。
とりあえず、その町「辻」に行きました。
が、まだ明るいということもありますがどうってことのないところでした。

辻 沖縄県那覇市

国際通りまで歩いて戻り、全員で「きらら」に入店。
相変わらずのパフォーマンス十分なステージを堪能してお店を出ました。

ここから、二手に分かれます。
若手グループは、「辻」に行ったもよう。

私とSA氏は飲み専門なので、いつものように「ひめかがみ」に行く。
本当は「プチボヌール」に行ってビッグママに会いたかったのですが、娘の嫁入り先のボストンに行ってしまいお店はたたんだそうだ。
う〜ん。残念!!!

若手グループから連絡が入り、それを潮に「ひめかがみ」を出て若手グループと合流。出会いは無かったらしい。
SA氏は「ひめかがみ」を出てホテルに戻り、残りのメンバーで「ボギーズバー」に行く。
コンビニで水を買ってホテルに着いたのは、2時過ぎだった。
若手グループ4名は、一部屋に集まり反省会を開いたようである。

私は、ぐっすり寝る。


翌日につづく。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 08:23| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

K氏と沖縄へ − 沖縄県那覇市 2007/5/25〜5/27 −

いつものK氏が島部で沖縄に行けなかったので、リベンジに二人で行くことに決定。


今回も3月の時同様、定時ダッシュし、19時10分の全日空で沖縄に向かった。
今回はいつものK氏体調は万全のようだ。そうなると一緒に行くメンバーが悪い???
前回同様、「沖縄県青年会館」にチェックイン。今回は9畳の和室。一人3,800円。
荷物を解き、直ぐにお出かけ。
ビッグママの店「プチボヌール」に直行。
プチボヌールに着くとビッグママに孫が出来たということで大騒ぎ。
娘さんはボストンに嫁いでいて、旦那さんから国際電話が入る。
ビッグママは流暢な英語で応対。ビッグママすごい!!
昔、基地で働いていて英語はそこで覚えたとのこと。う〜ム。

めでたい日に店に行けてすごくラッキー。


その後、前回2晩連続で行った「ひめかがみ」に行く。
ケイちゃんという店の子に、色々沖縄情報を聞く。
いつものK氏が嘉手納基地を見たいと言ったので、ケイちゃんの方がビックリ。
嘉手納基地を見学する観光客は先ず居ないそうである。

しかし沖縄の女の子はみんな早く結婚・出産をするものだ。ケイちゃんも19歳で結婚・出産をしその後離婚ということらしいが、そのようなことは普通のようである。

3時まで飲み、「九十九舎」でラーメンを食べてホテルに戻った。


翌朝、8時起床。
朝食後、第一牧志公設市場に行く。もっと大きいところを想像していたが、それ程大きくはなかった。

第一牧志公設市場入口

しかし、魚がカラフルやし、肉はにくっ!ってゆう感じやった。
第一牧志公設市場

国際通りに戻り昼食。
「ていだ」で沖縄ご当地めしの定番のタコライスを注文。

嘉手納基地へ向かう。
時間もあったので、レンタカーではなくバスで向かったが、1時間半ぐらいかかる。
基地自体はでっかという程度の感想でしかないが、道の駅「かでな」の学習展示室は興味深いものだった。

嘉手納基地

嘉手納基地を後にし那覇に戻る。バスの本数は少ない。バス停でだいぶ待つ。
しかし、バスの中で改めて沖縄の地図を見ると、ほとんどがアメリカの基地だということが分かる。

さて、夕食をどうしよう?
ケイちゃんに紹介してもらった「きらら」に行くことにする。
20時半出発。「きらら」は沖縄にたくさんある民謡居酒屋だ。
沖縄本島には旨いものは無いと思っていたが、安くてそこそこ美味しかった。
また、ライブも面白く、観光客でめっちゃ盛り上がっていた。

そのあと、2軒目、3軒目は昨日と同じコースをたどる。
最後に、前回もお邪魔したギボさん経営の「ボギーズバー」に行き、ホテル到着は5時前だった。

よう、遊ぶこと(笑)


翌日は9時起床。寝不足を押して空港へ。
しかし、空港でコンピュータトラブルにより足止め。
やはり、いつものK氏のたたりか!?

2時間後やっとフライト。
今回も、お疲れ様でした。
楽しかったぁ!!!


日本ブログ村のランキングに参加しています。
興味が湧いた記事だったら下のボタンをポチッと
押していただけないでしょうか。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 13:42| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

島旅 その3 − 沖縄県那覇市 その2 2007/3/8〜3/10 −

翌日、8時半起床。朝風呂に入り酒を抜く。朝ご飯をホテルで食べながら本日の予定を決める。

夜中いつものK氏よりメールがあり、病院に入院したとのこと。
1泊2日の入院だったが、沖縄行きをドタキャンして本当に正解だったね。
しかし、前回の宮古島と言い今回の那覇と言い沖縄はK氏にとって呪われているのか!?


取りあえず、昼の国際通りをぶらぶら後、レンタカーを借りる。
第2の目的。万座ビーチに出発。

万座ビーチ

33年ぶりの万座ビーチ。天候が曇りから雨だったため今一綺麗ではなかった。
また、沖縄本島をドライブして思ったことは、33年前と違い、凄く観光化され面白みにかけたという感じ。
前回の宮古島の方が観光観光されていずお勧めであった。

お昼を万座ビーチのそばの「万座後原小食堂」でご当地めし沖縄そば定食を食べる。沖縄名物も押さえておかなくては。

万座後原小食堂

万座ビーチから那覇に戻り、夕方。
今日もがんばるぞ!!

今日の1軒目はライブハウス「チャクラ」。喜納昌吉さんの店。喜納昌吉さんとチャンプルーズのライブを見ながら食事。
喜納昌吉さんの政治の話だけは余分だった。

2軒目は、昨日「ひめかがみ」を紹介してくれたビッグママの店「プチボヌール」に行き、昨日のお礼を言い、そこにあった三線などをW氏が奏でながら飲む。

ビッグママが「ひめかがみ」から女の子を迎いに来させ、3軒目は昨日に引き続き「ひめかがみ」に行く。

また、最終まで飲み、「康竜」でラーメンを食べてホテルに戻った。

今日も4時半。ふ〜。

さすがに翌日は、飛行機を早い便に変更して帰宅した。

色々な人に出会え今回も楽しい旅になりました。
しかし、まさかそのあと続けざまに那覇に行くことになるとは...

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
posted by おじんは旅人 at 07:21| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。